[PR] ウェディング 【もやしもんファンサイト】もやしや繁盛記 - 石川雅之著書の感想 -
TOP > CATEGORY > 石川雅之著書の感想
▼ 目次▼
モネラ界住人名簿 B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
用語解説          
登場人物 沢木惣右衛門直保 結城蛍 長谷川遥 及川葉月 武藤葵 美里薫 川浜拓馬 樹慶蔵 宏岡亜矢 金城優 日吉菊二 日吉兄 日吉妹 UFO研 レジスタンス 長峰君 沢木の祖父 蛍の祖父 長谷川の父 長谷川の許嫁 優のおじい
 ・アニメの話(感想ネタばれ) ・連載の感想(ネタばれ) ・名言とか迷言とか ・かもし食品・発酵飲料 ・単行本感想
管理人のつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク えほんを 買いました 

2009年09月01日 ()
本屋さんでは買えなかったので、アマゾンを利用しました。
読み聞かせにいい絵本ですね。思わず声を出して読んじゃいました(笑)
スポンサーサイト
Open↓

表紙はこんな感じ。ちゃんとシールもついてました。
090901_1.jpg


中はこんな感じ。ちゃんとホモサピもいるよ。
ちなみに、ホモサピはづき、かわいいです。
090901_2.jpg


このように、ちゃんと保護者さんへの注意書きもあるので安心。
090901_3.jpg


次号は10月末に会いましょう。
090901_4.jpg

Close↑

[2009.09.01(Tue) 20:41] 石川雅之著書の感想Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

えほんもやしもん by みけ
はじめまして。
いつも拝見させて頂いてます。今回初コメです。
えほんもやしもんは私も購入しました。ホモサピはかわいいですね。

北米版も来月発売という事で、もやしもんも世界へ。

北米版も表紙見て買おうかなっと悩んでます。。。

商売上手だな。。。笑

コメントを閉じる▲

リストマーク もやしもん 3 

2006年05月26日 ()
もやしもん 3 (3) 特装版
講談社
発売日:2006-05
もやしもん 3 (3)
講談社
発売日:2006-05-23
Amazy

発売日に購入しました。梅田・阪急32番街の紀伊国屋コミックランドに、大量に平積み。なぜか、通常版より特装版の方が多かったなー。販促のぬいぐるみも飾ってありました。オリゼーかわえー。 しかも、石川さんの直筆サインが3点も!
単行本を買った人は、スピードくじを引けて、当たったらもらえるそうです。店長さんにお断りを入れて、写真を撮ろうと思ったんですが、電池切れ…。せっかくダンナのデジカメ借りたのにー。

自分用に特装版と通常版、つれ用の通常版と三冊買いました(^^;
くじも3回引いたけど、みんなハズレ。 そのかわり、手作りの菌シートをいただきました。
通常版・特装版とも中身はほぼ一緒。ほんとーに若干違うだけ。
でも、その『若干』がクセモノ。菌好きなら2冊手に入れないと、とそそのかしてみる(=w=

読み返して、改めて実感。「この作者、ほんま好き勝手書いてるッス(笑)」
石川雅之のストーリーテリングって独特なものがあるから、適当に書いてるようで、実は緻密に組み上げてるところがポイント。連載時「点」としか認識できなかったものが、「面」で捉えることができます。そうなると「流れ」が見えてきて、それが『もやしもん』独特のゆるさとまったり感をかもしてるのが、改めて分かります。
春祭終了日の夜の出来事が、巡り巡ってUFO研の禍根に結びついたり、シュールストロミングが長谷川さん救出(?)に絡んだり、2巻の菌連合がまだ存在したりと、のほほんと見せてるようで油断できません。

白眉はやっぱり沖縄編。春祭に登場した200年古酒が、こういう形で花開くと誰が予想できただろう(笑)

古き良き物を守ろうとする心と、新しい波を受け入れ、変わることを認める心。
通常の図式なら「前者は老人が、後者は若者が語る」のに、「もやしもん」では常に逆なんですよね。
2巻14話の蛍と樹教授の例もあるけど、これがかえって新鮮です。

優の登場に、「蛍復活ー!」と狂喜したわしってorz
でも、今はすっかり気に入りです。こんなカワイイ彼女が欲しー!(叫)

あと、樹教授の盲目的な信者と思われた長谷川さんも、必ずしもそうではないあたりもポイント。
もっとも、策士策に溺れる感もあり…やっぱり、まだまだ修行が必要なもようw

ぱふインタビューで語られた「話は考えているが、ノープランっぽく見せていきたい」が具現化してるとすれば、この作者は相当なテクニシャンと思われ。これからもがっつり振り回して欲しいものですw

なお、通常版と特装版の違いは、こちらのサイトを参考にされると良いでしょう。すごく分かりやすいです。
[2006.05.26(Fri) 22:54] 石川雅之著書の感想Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク もやしもん 2 

2006年05月26日 ()
もやしもん 2 (2)
講談社
発売日:2005-10-21
ここで話した、驚愕のヒトコマは、2巻205ページの「一応まともに、先輩らしいこと考えてるのね」のシーンです。

2巻のメインは春祭。1巻からずっと話題に出てたけど、こんな奇天烈で楽しそうな学園祭だとは思わなかったよ。押井守の『うる星やつら2/ビューティフルドリーマー』を思い出した…。でも、祭りを終わらせたがった点では違うなとも思った。まあ、動機は「煩悩を満たすため」なんだけどね(笑)

それと同時に、「もやしもん」のおおらかさに引かれ始めたのもこの巻から。

「もやしもん」って、全体的に、とてもまったりしている。まったりと感じるのは、新たに来る物を否定せず、受け入れてるから。その根底にあるのは「敬意」ではないかと思い始めてます。
登場する人々や、紡がれる物語を通して、菌や、酒や、食材、研究や学ぶという行為へ捧げる敬意を感じます。だから、安心して、この「一見、いきあたりばったりのいいかげんな物語」に身を委ねることが出来るのかな、と。
2巻14話の、樹教授と蛍の会話が象徴するものや、2巻16話の、亜矢さんが語る「プライド」の真意。そこには、地に足のついた、前向きな目線があります。

私は、もやしもんの、この「おおらかさ」が好きです。
[2006.05.26(Fri) 22:50] 石川雅之著書の感想Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク もやしもん 1 

2006年05月26日 ()
もやしもん 1 (1)
講談社
発売日:2005-05-23
いつもは立ち読みで流してるイブニング本誌を、病院の待合室での暇つぶしに、と買ったのが全ての始まり。

立ち読み時、全く気が付かなかったのに、何となく気になったあるマンガ。人物や背景の、ものすごく書き込まれた描写と、気が抜けまくったマスコット(?)が、てんでバラバラな印象で全然結びつかなくて、でも気になって読んでみることに。
2回、3回読んでも、どうしても「緻密な描写」と「菌」が頭の中で結びつかない。すげえ違和感を持てあましながらも気になって、5回、6回と読むうちに、あるコマに驚愕。
「トーンをほとんど使わずに、革と布と木材とビンの質感を描き分けてる! この人何者!?」
その瞬間、バラバラだった印象がカッチリはまり込み。ネットで調べると、マスコットと思ってたのは実は菌、どうやら主人公は、菌が見える体質!?
「何コレ、めっちゃ面白いかもー」
即、本屋で1巻を購入、1話の「ズビュウウウウ」と、7話の「かもしてころすぞ」、9話全般に悶絶し、後は怒濤のはまりよう。

そして現在に至ります。
ウンチクマンガなのに、「上から目線の押しつけがましさ」がないのが、一番好きですよ。
[2006.05.26(Fri) 22:47] 石川雅之著書の感想Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 人斬り龍馬 

2006年05月26日 ()

 ⇒一話途中まで立ち読みできます

潔い、と言う読後感を得た。「人斬り龍馬」「二本松少年隊」「とどかぬ刃」「神の棲む山」の4つの短編は、ひとつひとつが長編小説を読むに等しい労力を使った。それだけ、圧縮率が高かった。

絵の緻密さが説得力を倍増させる。トーンを極力使わない線描写は、話のシリアスさに重厚感を加味。剣劇シーンで、ここまで『剣の重さ』を体感させる漫画家は、そういないかもしれない。

緻密さは絵だけでなく、話の作り込みにも及ぶ。『週刊石川雅之』でも感じたが、とにかく極めて丁寧なのだ。作者の視点は一貫してニュートラルを保ち、どの話にも、敵味方は存在しない。誰かに過剰に思い入れないかわりに、どの登場人物とも、対等に感情移入できる拵えなのだ。

どの話も悲壮である。凄惨で冷徹で容赦がなく、血飛沫にまみれ、情けは微塵もない。しかし、ここに登場する人々は、ただ、歴史に翻弄された弱さはない。腹を括り、時代と渡り合った強さがある。それが、「潔い」と言う読後感に結びついた。

良作です! 『もやしもん』で感じた直感を信じて、買って良かったです。特に「二本松少年隊」は、相方ともども泣きました。可哀想という同情ではなく、彼らの愚直さに心を打たれたからだと思います。

難点は、読み終わると指が真っ黒になるぐらいかな(笑)
[2006.05.26(Fri) 22:46] 石川雅之著書の感想Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク カタリベ 

2006年05月26日 ()

 ⇒一話途中まで立ち読みできます

「南北朝時代、東シナ海が舞台の海洋伝奇冒険活劇。主人公は、九姓漁戸(きゅうせいぎょこ)の御曹司として育てられた、名無しの少年。福建の人買い“三つ目”と倭寇にさらわれた80人の人々を助けようとした少年だが、行動の全てが裏目に出て、結局全員が殺される。そんな少年に、超常の存在バハン(八幡)様は『お前が半年生き延びたら、一人生き返らせてやる』と約束した。少年は、自分を救い、『カタリベ』と言う名をつけてくれた悪党マエカワと、行動を共にする」
あらすじをざっくり言えば、こんな流れ。

話の雰囲気といい絵の感じといい、原作版ナウシカを彷彿とさせるが、読み進めるとナウシカとは全く違うことが分かる。絵柄も題材も整理しきれてなく、読みづらい点は否めない。

でも、2回3回読み返し世界を理解すると、ぱっと面白さが入ってくる。これは、残酷で酸鼻を極めた世界の中で、生きることの意味を知り尽くした人々の物語でもあるのだ。

ここに、真の強者はいない。もたもたしてると、足元をひっくり返され、簡単に死ぬ。「こんな世の中だから」と傍観する暇も、「自分のせいだ」と後悔する暇もない。何があっても「オレはこう生きる!」と、言い切らなければならない。

カタリベもまた、修羅場を潜ることで人任せの生き方を捨てる。海で生きるには優しすぎる彼だが、九姓漁戸の里には戻らず、あえて動乱の中に身を投じる。80人生き返らせると言う重圧を、自らの生き甲斐にし、明日の命も分からない世で、50年生きなければ…なところで、話は終わっている。

平成10~11年、全30回の予定で連載していたが、大人の事情とやらで13回で終了。今回の単行本は、その13回分をカラーページもそのままに発行されたもの(太っ腹!)。村上水軍、肥前松浦党も登場し、「さあ、これから」ってところで終了してるのが、つくづく惜しい。

題材と言い絵柄と言い、正直言えば読者を選ぶ。万人には受け入れられない作品だけど、できれば連載再開して欲しいところです
[2006.05.26(Fri) 22:44] 石川雅之著書の感想Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 週刊石川雅之 

2006年05月26日 ()
週刊石川雅之
講談社
発売日:2003-02-21
石川雅之って人は、独学でマンガの描き方を学んだそうな。絵もさることながら、ストーリーの構築も、そうなんだろう。だから、他とは比べられない、何とも言えない独特の雰囲気をかもしてるのかも。

最初読んだ時、へとへとになりました。「お腹一杯、もうええわ」と、投げそうになったのは、一話一話の緻密さに、息が出来なかったからかなあ。それからしばらくして再読すると、「もうええわ」と思った部分が妙にひっかかって、何度も読み返すことに(^^;

どの話も、一見「しょーもない」ようで、よくよく見ると精密部品で組み立てたような、緻密な構成です。どの話も綺麗にまとまりすぎて、そこが『へとへとになった』と言う感想に繋がったのでしょう。組み上げるのに精一杯って感じですが、でも、悪印象に転んでないのは、後味が悪くないんですよね。この作家さんの誠実さが、現れてる部分かな。

好きな話は、のぶちゃんと、キラージョウと、フランスの国鳥。趣味の時間は、おねーちゃん達の描き方に目が離れなかったです。それに加えて、第一話は別格です!

余談:
「WILD BOYS BLUES」は、『キラー・ジョー』というタイトルでドラマ化。BS-i、BSフジ共同製作番組「68」内にて放送。

「彼女の告白」は古田亘監督のショートフィルムで映像化。外国の映画祭にも出典されているが、石川氏本人には、映像化の許諾の話以降、何の音沙汰も無かった。HP日記で「ものすごい寂しさに包まれた。売れないとはこういうものなのか。この気持ちはバネになりそう」と記している。
http://web.mac.com/watarufu/iWeb/wataru%20furuta/F3F73035-BD12-44F2-B6D8-EF267463F652.html
[2006.05.26(Fri) 22:42] 石川雅之著書の感想Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

承認待ちコメント by -

コメントを閉じる▲

TOP


面白いと思ったら、
ぜひクリックしてください


絵本もやしもん
ISBN:978-4-06-364789-1
てをあらおう (えほんもやしもん「きんのオリゼー」)

8/28(金)発売

初版のみシールつき

以降、隔月間発行予定


純潔のマリア
1巻限定版

予約締切:10月7日

詳しくは
good!アフタヌーン#06号にて


第一巻限定版は受注限定生産
アルテミスのぬいぐるみつき!
2010年2月発売予定
価格:1980円


もやしもん
親子で楽しむ (8)巻
<絵本付き>:980円

ISBN:978-4-06-362148-8


通常版:560円
ISBN:978-4-06-352272-3




▼作ってみました。さくっとどうぞ▼
もやしもん的脳内メーカー

もやしもん解析機
もやしもん解析機Vol.2

もやしもん占い・人物編
もやしもん占い・モネラ界編

もやしもん好きへ32の質問










もやしもん 7 限定版~nano~


もやしもん7


もやしもん6 限定版ぬいぐるみつき


もやしもん6 通常版


もやしもん5 限定版

オリゼーストラップ付き

もやしもん5 通常版


もやしもん4巻限定版

5種6体の菌フィギュアとストラップ、カバー替え4巻封入

もやしもん4巻


もやしもん3巻特装版


もやしもん3巻


もやしもん2巻


もやしもん1巻


PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY



もやしや商店
もやしもん関連のグッスは、こちらにまとめました

「もやしもん」ゲーム化
もやしもんDS(通常版)
タカラトミー
発売日:2009-07-23

ゲーム「もやしもん」で遊ぶには、
ニンテンドーDS本体が必要です。
こちらを参考にしてください


「もやしもん」アニメ化
フジ系列:ノイタミナ枠他で
好評のうちに終了しました
公式サイトはこちら

アニメ版DVD
初回特典は原作者描き下ろしキャラと3D-CGキャラ共演パッケージ。
特典映像は菌劇場DX:細菌たちのミニ・ストーリー、発酵食品の衝撃映像

OP、ED、OST発売中
11 | 2017年03月 | 12 日 月 火 水 木 金 土 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

ARCHIVE

SEARCH

RSS

LINK LIST

石川雅之公式HP
コミックプラス/イブニング
紀の酒.JP 高垣酒造場
もやしもん - Wikipedia
かもすブログ
もやしもん かもすぞBBS
AQUAVITAE(管理人本家)
シチュー鍋の中の混沌(管理人ブログ)

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。